通常工法

床下への進入口および通路の養生

玄関より床下へ入る進入口までシートにて養生をします。

次へ

基礎

床下全体に移動できない場合、基礎の一部を開口し進入口を確保します。

次へ

床下清掃

床下にある木くずはシロアリの餌になりますので、ゴミとともにすべて除去します。

次へ

穿孔処理

穿孔処理

床下の土台、大引きなどシロアリが侵入しやすい箇所に12m/m以下のドリルで穿孔します。

次へ

木部処理

穿孔注入処理

穿孔箇所に薬剤を注入し床下の木部全面に薬剤を散布します。

次へ

土壌処理

土壌処理

床下の土壌に薬剤を散布し、シロアリの地下からの侵入を阻止します。

次へ

壁処理

壁処理シロアリ(作業) 029

床下のない浴室・玄関などは壁に5m/m程度の小さな穴を開け、薬剤を注入します。処理後の穴はコーキングなどで塞ぎます。

次へ

清掃・後片付け

養生の撤去・進入口の復元・清掃を行い、作業は完了となります。

セントリコンシステム工法

セントリコンオールウェイズアクティブとは?

http://www.mrsshiroari.jp/pdf/aa_2010061.pdf

ステップ1 土の穴掘り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セントリコンテクニカルマスターの専門技術者が床下や庭木など、

シロアリによる食害状況や活動範囲をあらかじめ無料調査し、

後日、施工手順のステップ1からスタートします。

次へ

ステップ2 ステーション設置

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ステップ2として、土堀後、ステーション埋め込み作業をします。

次へ

ステップ3 ステーション設置後

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ステーション埋め込み後の設置

次へ

ステップ4 施工後のモニタリング

シロアリ駆除後の定期点検(年2回・5月・11月)を実施し、

シロアリの生息状況をモニタリングします。